体の辛い症状を改善したい!!「頭痛」「腰痛」「脊柱管狭窄症」「五十肩」を直すなら整骨院がお勧め!!

体の不調が突然現れたり、慢性的な症状に悩まされていたり、そんな体の不調を直すなら整骨院がお勧めです。ここでは、よくある体の不調症状とその原因、整骨院で治療する良さについてお届けします。

代用的な頭の症状

福山 整骨院,福山市 脊柱管狭窄症

頭痛

頭の不調症状で多い代表的な症状と言えば、頭痛です。頭痛は、こめかみ部分の動脈や脳の血管が拡がる事によって血流が増し、その影響を受けて周辺神経が刺激されて引き起こります。主に、頭の片側がズキンと脈を打つように痛くなるのが特徴です。頭痛の症状が出ている時は、体を動かす事によってさらに痛みが激しくなるので、仕事や家事等、生活にも支障をきたします。特に、頭痛は女性に多く慢性的に繰り返される症状になっています。

主な頭痛の種類

① 緊張型頭痛
緊張型頭痛は、頭全体がギュッと締め付けられるような頭の痛みを生じます。精神的ストレスや長時間同じ姿勢の継続等によって、首や頭の筋肉が緊張して血流悪化が引き起こると言われています。また、目の疲労でも筋肉の凝りがでるので、頭痛を誘発する場合もあります。なので、頭痛対策に肩や首を温めて筋肉緊張が固まらないようにしておくと、頭痛予防に繋がります。
② 片頭痛
片頭痛は、ズキズキと頭が脈を打つような痛みを生じます。特に、男性よりも女性に多く見られる症状で、脳に血液を送る血管が拡張する事によって頭痛を引き起こします。また、生理周期にも片頭痛は関連して発生します。排卵期、月経直前から月経初日になりやすい傾向があり、女性ホルモンとの関係性があると言われています。その他にも、ストレス、疲労、不規則な睡眠、低気圧等で片頭痛は起こります。
③ 群発頭痛
群発頭痛は、目がグッとえぐられるような激しい痛みが生じます。症状が出ると約1~2カ月間はほぼ毎日、同じ時間帯に頭痛が引き起こります。

頭痛の原因

頭痛を引き起こす原因には幾つかあります。まず一つ目は、季節の変わり目等の温度変化によるものです。急に気温が暖かくなったりする季節の変わり目や入浴中の時は、体温調節を行う為に血管が拡張して頭痛が生じる場合があります。
二つ目は、女性ホルモンの変動です。 片頭痛と女性ホルモンのエストロゲンの変動には深い関わりがあり、生理中とその前後に片頭痛に悩まされる女性は少なくありません。そして三つ目は、精神的ストレスから解放された際の緊張緩和です。ストレスを受けている時には、血管も緊張して縮んだ状態になっていますが、そこから解放された際に、今まで収縮していた血管が一気に拡張し、そこで片頭痛が発生する場合があります。

代表的な腰の症状

福山 整骨院,福山市 脊柱管狭窄症

腰痛

腰痛は、日本人男性に一番多い症状、日本人女性は肩こりに次いで二番目に多い症状になっており、年々腰痛の悩みを抱える人数は増加しています。腰痛は、ブロックのように積み上げられている腰椎と言われる五つの骨によって構成されています。腰椎に負担がかかってしまったり障害が発生したりする事によって、腰痛が発症するのですが、その他にも色々な要因が元となって腰痛発症に繋がっています。

腰痛の原因

腰痛を引き起こす原因には幾つかあります。まず一つ目は、姿勢の悪さや一定姿勢で長時間居る事です。例えば、ずっと前かがみや直立姿勢をしていると、腰筋肉に負担が大きくかかります。その事で、腰痛に発展する事もあるのです。二つ目は、過度な運動や動作です。激しいスポーツをし過ぎたり、重いものを持ち上げたり、肉体労働で腰痛が起こる場合もあります。そして三つ目は、筋肉や骨の衰えです。日頃の運動不足、加齢による腰筋力の衰え等、腰にかかる負担が今までよりも大きくなり、腰痛を引き起こしやすくなるのです。

② 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は、中高年男性に多く見られる症状です。神経をおさめている脊柱管内面の異常によって引き起こります。前方から椎間板・椎体後縁骨棘の突出、後方から黄色靭帯の肥厚、横から椎間関節の棘で狭くなった状態になってしまった状態を指します。これは、椎間板ヘルニアの症状が悪化した最終状態です。

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症の原因は、加齢、労働、背骨の病気で変形した椎間板と背骨や椎間関節から突出した骨等、それらが神経を圧迫する事で発症します。脊柱管と言うのは脊髄の神経が通るトンネルで、背骨、椎間板、関節、黄色靱帯な等で囲まれています。加齢が進むと背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなったりします。その影響で、神経の通る脊柱管が狭くなり神経が圧迫を受け、神経の血流低下によって脊柱管狭窄症になるのです。

代表的な肩の症状

福山 整骨院,福山市 脊柱管狭窄症

五十肩

五十肩は関節痛の一種です。加齢で肩関節の動きがスムーズに動かす事ができなくなってくるのですが、このような症状を五十肩と言います。五十肩の特徴には、肩を上げたり水平に保ったりするのが難しくなります。なので、日常生活で洗濯物が干しづらくなったり、肩より高い場所にある物を取るのが辛くなったり、衣類の着用でファスナーがあげられなくなったり、色々と不便な症状が現れてきます。

五十肩の原因

五十肩は、肩関節にある腱板組織が炎症をして、関節包に広がる事で引き起こります。これは、体が老化する事によって、筋肉や腱の柔軟性が失われる事が原因と言われています。その結果、肩関節の周りを取り巻く関節包や腱板が炎症して痛みが生じるのです。その為、中年以降に発症しやすいケースが多いのです。

体の悩み・不調を改善する為に効果的な整骨・鍼灸治療

福山 整骨院,福山市 脊柱管狭窄症

整骨してもらえる整骨院

整骨院では、体の骨を整える整骨を行う事で体の不調を改善していきます。整骨院には、国家資格を持っている柔道整復師による施術を受ける事ができます。柔道整復師は、骨折・脱臼・打撲・捻挫等で、損傷した骨・関節・筋肉・靱帯等に対し、柔道整復術を駆使して治療を行ってくれます。
柔道整復師が行う仕事は主に3つにあります。まず一つ目は、骨の整復です。整復と言うのは、元の状態に骨折した箇所を戻したり、外れた関節を元に戻したりする治療です。次に二つ目は、患部の固定です。固定と言うのは、骨折・脱臼・捻挫等をした患部に、三角巾・包帯・テーピング等を使用し、しっかり患部を固定する治療です。そして三つ目は、後療法です。後療法と言うのは、治療機器を使用した物理療法、運動指導や筋力トレーニング等の運動療法で、損傷した箇所の回復を図る治療です。
このように、整骨院では、捻挫・骨折・打撲等の怪我に対する処置を得意としています。整骨院によって、施術システム、施術方針、料金も様々です。なので、実際に行ってみて自分に合う所を見つけるのがお勧めです。また、整骨院は基本的に、医師の同意があれば骨折や脱臼の治療が可能です。他にも、柔道整復師が行う治療は、原則、医療保険対象です。

鍼灸施術を取り入れた整骨院もお勧め

最近では、整骨院で鍼灸施術も同時に行う事のできる所もあります。鍼灸と言うのは、鍼と灸で施術を行なっている施術になります。なので、国家資格である鍼灸師資格を持っている先生でなければ施術する事はできません。針師は、一人一人の患者さんの病気、症状、疾患に応じて、一定の経穴、或いは、皮膚の一定点を針で刺激する施術法です。また、灸師は、疾患に応じて一定の経穴、或いは、皮膚の一定点に火を付けたもぐさの温熱を利用して人体に作用させる施術法です。鍼灸治療では、むち打ち症・腰痛・神経痛・五十肩・頸腕障害・リウマチが健康保険適用です。このように、鍼灸治療も取り入れた整骨院で、整骨と鍼灸のダブルアプローチの治療も、体改善のサポートやアプローチには効果的な施術となっています。